おはようございます。
今日は、一日事務処理の松崎です。
事務所に缶詰です・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、こんな案件がありました。
共働きのご夫婦でお二人で住宅ローンを組む事になり審査に出したら
返済負担率オーバーと銀行から回答がありました。

ご夫婦に何か借り入れがあるかと聞いてみるとローンやキャッシングなどは
組んでいないとの事でした。

しかし銀行は借り入れがあると言っています。
こんな時、銀行の担当者は内容を教えてくれません。
何か借り入れがある事は分かっているが細かい内容まで分かっていない
場合もあります。

最終的にどうしても思い当たる節がないとの事だったので個人信用情報を
取り寄せる事になりました。

取り寄せて個人信用情報を見たら・・・・

すぐに分かりました。

奥様が妹の車のローンの連帯保証人になっていました。

住宅ローンの審査の他の借り入れの申告は、連帯保証人になっている
ローンも含まれます。

ご自身の借り入れだけでなく他人のローンの連帯保証人も含まれるという事ですね。

今回のケースはそれを忘れていたがために起きた返済負担率オーバーでした。

連帯保証人になっているローンも含まれる!

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。