おはようござます。
今日は、引越をする松崎です。
あいにくの雨です・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、会社経営者の方の住宅ローンの相談を受けました。
一般的に会社経営者の住宅ローンの審査は厳しいめです。

理由は、会社経営者の場合、個人の属性だけでなく会社の経営状況も審査の
対象になってくるからです。

収入は1000万円以上あっても決算書の内容が悪くければ審査には通らない。

ここがサラリーマンの方の審査とは違うところです。
さらに審査が無事に通っても自己資金を要求されることが多いです。

購入物件価格の2割前後を要求されます。

となると必然的に自己資金が必要になります。

不動産のチラシに買いてある「自己資金0円」というは無理だということですね。

決算書の内容と自己資金の問題から経営者の方の審査が厳しいという事です。

サラリーマンであれば決算書は必要ないですし自己資金も0円で購入ができる。
会社の社長よりもサラリーマンの方の方が住宅ローンの審査は楽なんですね。

決算書は黒字であれば問題ないかというとそうでもありません。
直近3期は黒字である事が望ましいですし繰越損金もあると審査を受けて
くれない事もあります。

黒字だから良いという事ではないんですね。

しかし経営者の方も諦める必要はありません。
銀行の中には決算書の提出が必須ではない銀行もあります。

銀行の選び方次第で住宅が購入できるのか否かは変わってくるんですね。
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。