おはようございます。
結局、連休初日は仕事になってしまった松崎です。
早めに終わらせて夕方には帰ろうと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

最近、住宅ローンの借り換え相談を受けていて思うことがあります。

それは、本当に後先考えずに購入している人が多いということです。
先日も年金暮らしで住宅ローンを毎月払うのがキツイ・・・
という案件の相談がありました。

その他にも77歳の父の住宅ローンを軽くしたいなどここ最近立て続けに
こんな相談がありました。

住宅ローンを組む時は「大丈夫!払っていける!!」と思っていたのだと
思いますが住宅ローンの支払いは長期に渡るため長期的な返済計画を
考えておかなければなりません。

そもそも年金暮らしになった時に払えるのか!?
と考えなかったのかも疑問に残ります。

住宅ローンは、申し込み時の年齢が高くなればなるほど審査は厳しくなります。

銀行によっては、定年後の住宅ローンの返済原資を聞いています。
退職金で一括返済するのか?何歳まで嘱託で働けるのか?
など銀行も慎重です。

とはいえ先のことなので特にそれを証明する書類は求められず
銀行の所定の書式に退職金は2000万円と書けばそれが通って
しまいます。

裏を返せば、もらえなくても2000万円と書けばそれが返済原資と認められ
審査が通ってしまうかもしれません。

最近は退職金前払い制度が増えてきているので退職時に退職金がもらえない事も
増えています。

皆さんも定年した後に本当に払っていけるのかという点もしっかり検討して
融資額を決めましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

分かれ道

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。