おはようございます。
おとといから忘年会3連チャンの松崎です。
今日が最終日です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

弊社には不動産投資をしている方からの相談も多くあります。
ほとんどが融資相談ですが、この物件本当に理解して購入するのかな〜
という時があります。

不動産投資は、数年前からサラリーマンの向けに色々なセミナーが開催されているので
たくさんのサラリーマンが資産形成を目的に行っています。

先日、メルマガでもお話ししましたが投資は資産の額や所有している不動産物件の
棟数でもなくあくまで可処分所得が重要とお話ししました。

今日は、出口の話しです。

どんな投資も、必ず出口も考えなければいけません。
特に不動産投資はレバレッジが効く投資です。

少ない資金でハイリターンを望めます。

そうです。
不動産由一、他人のお金(融資)で他人(賃借人の賃料)が返済をしてくれる投資なのです。

銀行に株を購入したいから融資してくれ!
と言っても銀行は貸してくれません。

FXも同じですね。
FXやりたいからお金貸してと言っても銀行は貸しません。

そこが大きく違うところです。

不動産投資には担保物件がありますからね。
銀行も資金回収の安全性の担保が出来ます。

冒頭で出口を考えるとお話ししましたが重要な事です。
短期で売却するのか長期で保有するのか・・・
数年後に売却できそうな金額は・・・

ここまで考えて50点。
後は、マイナスの計算もしておきましょう。

もし売却できなかったら?

皆さんプラス(可処分所得)の計算ばかりしている事がありますが
マイナスの計算も必要です。

バブルの時はマイナスの計算をしていない人たちが破産したんでしょうね。

さらに強いて言えば差ワーストシナリオが起こった時にその状況を自分でコントロールできるか
と言う事も重要です。

マイナスの事も考えていたけど実際のその状況になったら、にっちもさっちもいかない・・・
これではどうしようもありません。

不動産投資はレバレッジが良くハイリターンが得られますが
出口戦略、ワーストシナリオの時に自分でどうにか出来るか!?

この二つをしっかり考えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

Take off earlier than rivals.

Take off earlier than rivals.

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。