おはようございます。
徐々に引越しの準備をしている松崎です。
まとめてやると大変ですからね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

不動産を購入したり賃貸する時に気になることで”告知事項”ってありますよね。

人が亡くなっていたりすると告知事項になります。
その他にも暴力団の事務所などが近くにあると同じく告知事項になります。

告知事項とは社会通念上、「それ聞いてたら買わなかった(借りなかった)」
と言う事が告知事項になります。

ではこんな時は告知事項になるのでしょうか?

購入しようとした中古物件の売主が詐欺で逮捕歴があった。
売主が犯罪者である場合、それを告知する義務があるのか?
ということですね。

実は、犯罪者であった事は告知事項には当たらない事になっています。
なぜかというと個人情報の保護の兼ね合いがあります。

不動産屋さんはその事実を知っていても言う事が出来ないのです。
個人情報なので・・・

しかし、テレビで連日放送されるような大事件で世の中を騒がせたような
事件の犯人とかであれば話は変わってきます。

それが告知事項に当てはまるのか否かは司法の判断になるかと思います。

犯罪歴や逮捕歴は告知事項とは関係ない。

覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。