おはようございます。
昨日は、若手女性社長の講演を聞いてきた松崎です。
業界は違えど良いお話しがたくさんありました。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

今月のフラット35の金利が上がりましたね。

アメリカ大統領選があった11月8日からフラット35の金利の基準になる
10年国債利回りが徐々に上がりマイナスから一気にプラスに転じました。

これにより今月の金利が最低値の銀行で1.03%が1.10%まで上がりました。

そもそも住宅ローンの金利がどういう風に決まっているかなんてご存知ないと思います。

固定金利と変動金利は金利が決まる基準になっている指標が違います。
フラット35などの固定金利は10年国債が基準になっています。
10年国債の金利が上がればフラット35の金利も上がり下がればフラット35の
金利も下がります。

変動金利は、短期プライムレートという金利が基準になっていると銀行のパンフレットにも
書いてありますが実際は違います。

無担保コールレート(オーバーナイト物)という何だか難しい金利が基準になっていますが
簡単に言うと政策金利が基準になっています。

基準になっている金利は普段ニュースやインターネットで簡単に情報が取れます。

という事は住宅ローンの金利予想は、ニュースやインターネットの情報で
ある程度予想がつけれるんですね。

来月の固定金利は上がるかな??
ときになる人は月末の10年国債の金利を気にしてみましょうね。

ではでは!

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

Take off earlier than rivals.

Take off earlier than rivals.

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。