おはようございます。
フリスクなどのスースーするものを食べるとくしゃみが出る松崎です。
私だけですかね??

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、フラット35の親子リレーのお話をしました。
今日も親子リレーの注意点をお話しておきたいと思います。

親子リレーは、融資額を増やしたい時にはうってつけの商品ですが注意しなければ
いけないこともあります。

そもそも昨日もお話しましたが親子リレーとは、親と子供で住宅ローンを組むことを
親子リレーといいます。

親と子供には血縁は関係なく住宅ローンを組むことができます。

どう言う事かというと
義理の父と義理の息子でも大丈夫という事です。

実の父と子供でなくて良いという事です。

ここに注意点があります。
以前、私のお客さんでこんな事がありました。

義理の父と義理の息子でフラット35で親子リレーを組みました。
7年後離婚をしてしまい面倒な事になりました。

実の父と息子であれば親子なんで問題ないですが
義理の父と義理の息子ですから離婚してしまえば親子でもありません。

案の定、話はなかなかまとまらず売却に至るまでの結果が出るまで
かなりの時間がかかりました。

この様に親子リレーは融資額を増やす面では利用しやすい商品ですが
親と子供の組み合わせによっては、離婚した時に面倒な事になります。

これから親子リレーを利用しようと考えている人は
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。