おはようございます。
今日は、ハウスメーカーさんと銀行さんとのコラボセミナーを行う松崎です。
私はしゃべりませんけどね。
裏方です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、住宅ローンのお手伝いをした人からこんな質問を受けました。
木造住宅で建築していたのですが、着工の時期がちょうど梅雨に入る前で基礎工事完成し
これから建物を上棟すると言う時に梅雨に入りました。

梅雨なので建築中は雨に降られていました。
木造住宅なので木部が雨に濡れて大丈夫なのか??
そもそも雨の日に施工していて大丈夫なのか?

と心配されていました。

普通はそう思いますよね。
木材って濡れていると腐るっていうイメージありますからね。

実際はどうなんでしょう。
気になりますね。

実は、雨に濡れても住宅に使われいる木材は腐りません。
大丈夫でないと梅雨の時期は施工なんて出来ませんからね。

一般的に住宅で使われている木材は含水率という木材に含まれている水分量の少ない
木材が使われています。

そして含水率を一定の率まで下げると木部にあるピットという水が通る道が閉じ
内部に水が入りにくくなります。

雨に濡れても表面が濡れているだけで内部までは水が入っていないのです。
その為、短期間で濡れた部分は乾きます。

その為、雨に濡れても木材は腐りにくくなっています。
ただ、水に浸かりっぱなしだと状況は変わります。
水に浸かりっぱなしという状況は、なかなかありませんけどね。

なので木造住宅だからと言って雨に濡れたら腐ってしまう、カビてしまうと言うことは
すぐには起こりません。

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

現場監督

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。