おはようございます。
着々と引越しの準備を進めている松崎です。
年末年始は新しい家で迎えたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

そろそろ新しい源泉徴収票が発行される時期になってきました。
この時期になると今年の新しい源泉徴収票の額で住宅ローンの審査をしたいという人が
増えてきます。

去年より今年の方が年収が増えているから今年ので!
と考えているんですね。

ただ、これには各銀行で審査が分かれてきます。
今年の源泉徴収票の額で審査をする場合、その収入金額を証明する公的書類は
6月にならないと発行できません。

源泉徴収票の額が万が一嘘だったら・・・・
銀行は、確認しようがないんですね。

ここで各銀行の対応が分かれます。

そのまま源泉徴収票の額と公的書類と整合を取らない銀行と
会社から年収の額が正しいものであることの証明書を書面を出してもらったり
6月の公的証明書が発行され整合は取れるまでお金は貸さない銀行の
主にこの3パターンだと思います。

住宅ローンを申し込んだ銀行によっては6月までは融資が受けられないんですね。

今年の年収で住宅ローン審査をしたい人は、申込先の選定は大切ですね。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。