おはようございます。
ちょっと喉が痛い松崎です。
昨日からのど飴必須です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、久しぶりに外国人の方の住宅ローン相談がありました。
外国人の方でも住宅ローンは通るのでしょうか?

外国人の方の場合、一定の条件があります。
まず第一に一番大事なのが永住権です。

永住権がないと”基本的に”受付は不可です。
住宅ローンの申し込みすら出来ません。

と言うことは、まず永住権がないと話しにならないって事ですね。

ただ、”基本的に”なので例外もあります。
ノンバンクや金利の高い銀行などであれば永住権がなくても受け付けてくれる事もあります。
その条件として一つとして配偶者が日本人であることがあげられます。

夫婦両方が外国人の方の場合、住宅ローンが返済をされずに滞納された状態で故郷に帰られてしまうと
銀行も困ってしまいます。

なので、どちらかが日本人である事が条件に付く場合があります。

そして、もう一つは永住権申請中の場合です。
永住権は、申請して取得するまで約6ヶ月かかります。
場合によっては、それ以上にかかる場合もあります。

この永住権申請中の場合、銀行の判断は分かれます。

申請中であれば審査の申し込みは受付できるが融資実行は、永住権の取得が出来てから。
申請中であれば審査の申し込み受付もできて融資実行も永住権取得前に可能。

の2通りです。

永住権が取得できてから融資実行だと不動産の契約をしてから6ヶ月以上売主を待たせることに
なりますので現実的ではありません。

となると永住権申請中でも審査を受け付けてくれて融資も実行出来るこの銀行なら
永住権がなくても申請中であれば進められますよね。

これで永住権がなくても諦めずにすみます。
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

ガッツポーズ

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。