おはようございます。
今日は、ゴルフの朝練に行く松崎です。
朝は意外に混んでいて大体いるメンバーが一緒です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

最近、特に多い依頼が親族間や親子間での売買の住宅ローン付です。
これがまた難しい・・・

親族間や親子間での売買の住宅ローン利用は超えなければいけない
ハードルがいくつもある。

このハードルは、申し込みをする銀行によって様々だ。
購入物件に住んでいる場合は、審査ができない銀行や取引に関して
不動産会社が仲介として入っていないと審査ができない銀行、そもそも親族間や親子間
売買ができない銀行もあります。

本当に銀行によってハードルが違うんですね。

また、取り上げてくれる銀行があったとしても売買される金額にも指摘が
入る場合があります。

親族間や親子間の売買の場合、身内同士の取引になりますので売買金額も
なあなあな事もあります。

売買される金額の妥当性も必要になってきます。
変に高かったり安すぎたりはNGです。

あくまで相場での取引価格が必要です。

そして、税金上の問題がないのか!?
という店も突っ込んでくる銀行があります。

これらのハードルを全てクリアしてようやく審査の土台に乗ります。

審査に落ちらたら今まで超えてきたハードルはなんだったんだ!?
という事になります。

それだけ親族間、親子間売買は難しいんですね。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。