おはようございます。
年内の仕事は11月までに終わらせたいと思っている松崎です。
12月は来年の種まきをしたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、相談を受けたお客さんからこんな話がありました。
お客さん「フラット35の最大手の会社でフラット35を申し込んだら否決になった・・・」

その後こんな事を言っていました。

今までローンも借りた事もないしクレジットカードも持っていない。
現金主義!
という話でした。

これまでローンなど借りず堅実に過ごしてきたのになぜ??

実は、堅実すぎると住宅ローンの審査で否決になる事があります。
特に年齢が高くなればなるほど確率が高くなります。

不思議ですよね。
今までお金を借りた事もない、分割払いもした事がない、カードも持ってない。
そんな人がなぜ審査に落ちるのでしょうか?

これには理由があります。

住宅ローンの審査をする際にまず初めに申し込み人の個人信用情報を取得します。
当然、今までローンを組んだ事がないので何も出てきません。
何も出てこないというのは支払い履歴がないのではなくその人自身のデータが
丸々ないのです。

これは、別のある事をした人も同じです。

それは、破産などを行った人も一定期間(10年)を超えると個人情報は抹消され
個人信用情報がなくなります。

という事は、今まで何にも借りた事のない人と破産などを行って10年を超えた人と
区別がつかなくなるんですね。

なので年齢が高くなればなるほどその可能性が高い。
という事です。
25歳で真っ白であれば本当にローンなどを組んだ事がないと思われるかもしれませんが
40際になってローンを組んだ事がないカードも作った事がない・・・

となると不自然なのです。

本当に真っ白の人の事を”スーパーホワイト”って呼んでいる事もあります。

結構レアなケースですが覚えておいてください。
心当たりのある人はクレジットカードでも作っておくのもいいですね。

ではでは。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。