おはようございます。
出張からの社員旅行だったので仕事がてんこ盛りの松崎です。
気合を入れてこなしていきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンの事前審査はいい物件が見つかる前に行っておこう!
というお話をしました。
事前審査で承認が取れていればいい物件が見つかった時にスムーズに
契約まで進めることができるからです。

しかし、事前審査で承認がもらえていても契約までさせてくれない事があります。

それはフラット35の事前審査の場合です。
フラット35で事前審査を行い承認がもらえていても契約をさせてくれない事があるのです。

銀行で事前審査の承認がもらえていれば本審査を行ってもよっぽどの事がない限り
本審査で不承認になる事はありません。

よっぽどの事とは、事前審査時と本審査時で虚偽に記載があった場合などです。
なので銀行で事前審査を行い承認がもらえていれば本審査で不承認になる事はありません。

しかし、フラット35は事前審査で承認がもらえていても本審査で1割〜2割くらいの人は
不承認になる事があります。

これはフラット35特有のものです。
その為、フラット35の事前審査で承認がもらえていても契約まで行う事に難色を示す
不動産会社もいます。

1割〜2割の人は審査結果がひっくり返るわけですからね。
不動産会社としては心配です。

フラット35で事前審査を行った時は気をつけて下さい。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。