おはようございます。
1年があっという間!というのを実感している松崎です。
たぶん毎年この時期に実感しています・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、親子間売買の相談がありました。
ここ最近弊社で多い案件です。

親子間売買は安心して取引が出来ますが実は落とし穴もあります。

まずは、住宅ローン控除が利用できません。
生計を一にする親族や特別な関係のある者から取得した場合は、利用が出来ません。
贈与の場合も同じですね。
住宅ローン控除は利用できません。

後は、相場よりも低い価格での取引です。
親子なので相場よりも安く子供に売る。

こんな事ってよくあることなのですが、実はこれはNGです。

相場よりも安すぎる金額での売買は、購入した側が経済的利益を受けたと判断され
利益を受けた額に贈与税が発生する場合があります。

例えば、相場4000万円の土地を2000万円で売却をした。
この場合、相場よりも2000万円得をしているのでこの得をした2000万円が経済的利益に
あたり2000万円が贈与を受けたとみなされ贈与税を受ける場合があります。

みなし贈与です。

贈与税の税率は高いですから購入した側に大きな贈与税が発生する可能性があります。

親子間や親族間は色々とコントロール出来る分、税務署も目を光らせています。

気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

famity

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。