おはようございます。
今日は、結婚記念日な松崎です。
夜は食事に行ってきます(^^)

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

希望の融資金額を受けるためには収入合算が必要。
でも奥さんは現在産休中・・・

こんな時の審査はどうなるのでしょうか?

この場合、銀行によって合算してくれる収入金額が違います。
まず条件としては、融資を受けるための金銭消費貸借契約までに奥さんが
会社に復帰していることが条件になります。

それを前提として収入金額を合算してくれます。

・復帰をすれば直近の満額もらていた時期の年収を基準にしてくれる
・復帰をして1ヶ月分以上の給与が出ていれば割り戻し年収を基準にしてくれる

大体この二つです。

直近の満額年収とは産休に入る前の年収を基準にしてくれます。
そして1ヶ月分の給与が出ていれば割り戻し年収というのは復帰してから
1ヶ月分の給与が25万円支給されていれば X12ヶ月 で300万円が
見込み年収として合算してくれます。

これは銀行によって違いますのでどちらの方が合算年収が高いのか?
という部分も確認しがら銀行を選びましょう。

ただし、絶対条件として金銭消費貸借契約までに復帰していることが
前提となりますので覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。