おはようございます。
今日は茨城へ出張の松崎です。
1泊してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、利用したことのない初めての支店に住宅ローンを持ち込みました。

いただいた案件が地方だったためいつも利用している支店には持ち込まず
住宅ローンを利用する物件の近くの支店に提出しました。

その時の銀行担当者の対応がこれです。
銀行員「ちょっとこの案件は取り組めませんね〜残念ですが。」

私「そうですか・・・では結構です」

取り扱ってもらえませんでした。
年収が低いとか職業がとか言われて・・・

私はこの銀行の審査基準をよく分かっています。
決して受付ができない様なお客さんでもなくこの銀行の審査基準であれば
審査の土台に乗るはず。

なのでいつも出している支店に相談。

私「この案件、◯◯支店に行ったら断られたよ!」

銀行員「えっーーー!?」

私「やれるでしょ!?この内容だったら!」

銀行員「いけますね。」

という事でいつも出している支店で住宅ローンを通してもらいました。

同じ銀行なのに審査ができないと言い、かたや問題なく審査ができる支店。
何でなんでしょう?

これは支店担当者のやる気の問題ですね。
銀行内の審査基準は同じですから担当者がやる気がなければこうなってしまいます。

ひどい話です。
この担当者の今月のノルマがクリアしていてこれ以上案件をやりたくなかったのか
単に面倒だったのかは定かではありません。

もしくは支店長の好みがあったかもしれません。
実は支店長の鶴の一声で方針がガラッと変わったりします。

支店長「◯◯な案件はやらなくていいぞ!」という方針であれば本当に
そいういった案件に力を入れず断れられる事もあります。

全く怠慢の何者でもないですよね。

銀行は同じでも支店ごとで温度差があります。
銀行選びも大切ですが支店選びも同じ様に大切な事なんですね。

覚えておいください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。