おはようございます。
今日は、不動産会社さんのコンペに出席する松崎です。
季節がら、今月のコンペは多いです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

銀行によって住宅ローンを貸せる額が決まっているのはご存知だろうか?
特に一都三県で場所によっては借入額が高額になる事も多い。

弊社の事務所がある横浜市青葉区でも場所によっては10000万円を
超える物件はザラにある。

土地を購入してハウスメーカーで・・・
何ていうと借入額はあっという間に1億円近くになる。

特に豪邸を建てるでもなく土地の値段が単純に高いからです。

建売でも7000万円を超えてしまう。

そうなると住宅ローンの借入額も高額になる。

私のお客さんで以前、土地を購入してハウスメーカーで建築を計画していた
お客さんで希望借入額が14000万円の方がいた。

お客さんご自身が付き合いのある銀行に持ち込んだら住宅ローンは8000万円が
限度だと言われたそうです。

この様に銀行によっては借入額に上限が設けられている場合がある。
一般的には住宅ローンの商品詳細を調べると大体の銀行が上限10000万円に
設定している。

とはいえ30000万円の物件もありますし1億円以上借りれないのか!?
というとそうではない。

10000万円で仕切っているのには、保証をする保証会社や団信の絡みがある。
保証会社によっては保証するは8000万円までという保証会社や団信の保証額が
10000万円までという場合がある。

これを基準に住宅ローンの貸出額の上限が決まっています。

上限金額より借りたい時は、別途金利が上乗せになったり保証会社が変更に
なったりする。

方法は、なくはないということです。
金利的な不利は発生するかもしれませんが。

高額な住宅ローンを借りる場合には覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。