おはようございます。
今日は、体のメンテナンスに行ってくる松崎です。
整体に行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

フラット35で融資を受ける場合、適合証明書という書類が必要になります。
この書類がないと融資実行が出来ない。

そもそも適合証明書というのは、購入する住宅が住宅金融支援機構が定める 独自の技術基準に
適合していることを証明する書類になります。

要は、住宅金融支援機構が求めている基準をクリアしない住宅には融資しないと言うことです。
これは必須条件です。

なのにこの事を知らない建築会社さんもいます。
特にフラット35の経験の少ない建築会社さんは知らないこともしばしば・・・

住宅展示場に入っている建築会社さんでもあまりよく分かっていないこともあります。

中小規模の建築会社さんの場合は、要注意です。

私も以前、フラット35で融資承認をもらっていたお客さんが建築を依頼していた工務店は
適合証明書すら知りませんでした。

事前にそういった書類が必要になると言うことを伝えてあったので特にタイムロスはなく
融資まで進めることが出来ました。

知らずに後で発覚した場合、余計な時間をとられたり場合によっては適合証明書を発行する
金額を見積もりに入れていなかったので追加料金が発生したりする可能性もあります。

フラット35を利用する場合は適合証明書が必要!

規模の小さい工務店で建築する場合は、建築会社に確認してくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

設計

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。