おはようございます。
展示場巡りが好きな松崎です。
基本、家と営業マンをみるのが好きです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日の金融政策決定会合で日銀が10年国債の金利を一定水準でコントロールすると
出ていました。

マイナス金利の影響で10年国債がマイナスになりすぎるのを抑制するそうです。

一定水準というのは0%程度でコントロールをするらしいです。

そうなると影響が出てくるのは住宅ローンの長期金利です。
銀行では主に10年固定金利の金利に影響でてフラット35の金利にも影響が出ます。

先月、史上最低低金利だったフラット35の指標となった10年国債金利が恐らく▲0.3%
位の時期だったと思いますので10年国債金利が0%程度になるとフラット35の金利は
20年超で1.08%前後になるのではないでしょうか?

フラット35の金利は毎月変わりますから、これが0%程度でコントロールすると
毎月の金利増減が落ち着きそうですね。

しばらくフラット35の低金利は続きそうです。

ではでは!!

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

0円

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。