おはようございます。
三連休最終日も仕事の松崎です。
今週は、休めそうにありません・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、勤続期間1年未満でも住宅ローンの審査はできるというお話をしました。
ただ、これはどこの銀行でもできるとは限りません。

1ヶ月分の給与明細が発行されていれば審査をしてくれる銀行もあれば
勤続6ヶ月以上という銀行もあります。

今日は、勤続期間のカウントの仕方をお話したいと想います。

4月に入社して半年が経った10月に住宅ローンの審査をする。
半年経っているので問題ない。

と思いきや実は受け付けてくれないことがある。
勤続6ヶ月以上というのは、試用期間を抜かなければならない。

試用期間が3ヶ月であれば上記の場合、実際の勤続期間は3ヶ月とみられてしまう。

試用期間が6ヶ月であれば、まだ勤続0ヶ月ということです。

そうなんです。
試用期間は、カウントしてくれない銀行が多いのです。

特に勤続の短い方は、ご自身の試用期間がどのくらいかを確認する必要がある。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。