おはようございます。
今日から3日間だけ海外に行ってくる松崎です。
ハウスメーカーの方たちとグアムにゴルフに行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの申し込みは、申し込み年齢が高くなればなるほど審査が厳しくなるのは
ご存じの人も多いと思います。

では、なぜ厳しくなるのか??

定年を迎えれば収入が減るか0円になりますよね。
年金生活になる可能性があります。
だから審査が厳しくなるのはなんとなく想像できると思いますが、今日は他の点を
お話ししたいと思います。

銀行によっては審査時にこんなところをチェックします。

それは、定年時の残債の金額です。

例えば定年時に住宅ローンの残債が額が2000万円あるとします。
この場合、審査時の年収が1000万円あればいいのですがそれ以下だと減点の対象になります。

どう言う計算をしているかというと定年時の住宅ローンの残債額が申込時の年収の2倍以内としている
銀行があります。

年収が600万円であれば定年時の住宅ローンの残債を1200万以内にしないと減点になるという事です。

銀行はこんなところも審査をしているんですね。
これを考えると若いうちから住宅ローンを借りていると定年時には残債額が少なくなっていて
申込時の年収の2倍以内に収まりやすい。

となるわけですね。

住宅ローンの審査項目は、当然これだけではありませんが上記の様なことも
ちょっとだけ頭に入れておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

営業マン2

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。