おはようございます。
今日は、朝から役所回りしてくる松崎です。
依頼を受けている物件の調査をしてきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、狭小地や地方の土地は担保評価割れする事がある。
というお話をしました。

担保評価割れとはお金を借りる金額よりも銀行が評価した土地建物の金額の方が
低かった時の事を担保評価割れと言います。

3000万円住宅ローンで借りようかと思ったら銀行の担保評価は2500万円だった・・・
これが担保評価割れです。

実際にこうなると3000万円貸してくれと言っても銀行が貸してくれるのは
一般的に2500万円になります。

しかし銀行によってはこんな処置があります。

銀行出した担保評価+600万円までは融資OKだったり
担保評価を超過した分は高めの保証料を払えば融資可能な措置があります。

担保評価を超過した分の保証料とは、銀行の担保評価は2500万円だったけど
3000万円借りたい場合は超過分は500万円です。

この500万円に高い保証料がかかるという仕組みです。

これに関しては、また後日お話したいと思います。

覚えておいてもらいたいのは、借りたい金額よりも銀行の担保評価が
低い時、融資金額が減額になったり場合によっては否決になる事もありますし
超過保証料という余計な費用がかかる事があります。

皆さんも覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

家とお金

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。