おはようございます。
今日は、ハウスメーカーさんの恒例の地引き網に行く松崎です。
曇り空で過ごしやすそうです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、アパートローンの借換の相談に行ってきました。
その中で気がついたことがありました。

所有者が2人だったのですが、賃料収入を1人が全額もらっていました。
その額は毎月70万円。

本来であれば所有者が2人で2分の1ずつ。
と言うことは、賃料収入も35万円ずつです。

ですが長男が70万円もらっていました。
それも15年間。

次男は、賃料収入依頼内とのことで全額長男が受け取っていたそうですが
これには問題があります。

本来、次男には毎月35万円で年間420万円の収入があるはずですが実質もらっていない
ので特に確定申告をしていませんでした。

しかし、持ち分を持っている以上、確定申告の必要があります。
そして所得税も納める必要があります。

本来、不動産所得が420万円ありますので・・・

そして長男は、次男の分の賃料所得をもらってしまっているので次男から贈与を
受けている事になり長男も贈与税が本来かかります。

上記のようなケースは希ですがアパートなどを所有している人は覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

価格交渉

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。