おはようございます。
映画見る時は、口コミの評価を見てから見に行く松崎です。
過剰なCM演出に騙されないようにしています。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンを借りる際に一つの基準があります。
返済負担率です。

年収に対してローンの支払いが何%を占めるか?
という事です。

ここでポイントなのがローンの支払いです。
住宅ローンだけではありません。

すべての分割払いにしているローンが対象になります。

例えば、住宅ローンを申し込んだ金融機関が年収に対して
35%までがローンとしてOKだとします。

年収が400万円の人だと年間140万円までです。
毎月116,666円までです。

車のローン、ショッピングの分割払いで毎月6万円払っているとすると
住宅ローンで借りれるのは残り56,666円です。

住宅ローンで56,666円だと借入額はおよそ2000万円です。

これじゃ希望の物件が買えない!
のであれば、年収が増えるまで待つか車のローンやショッピングの分割払いを
一括で返済するしかありません。

そうすれば住宅ローンだけで116,666円借りる事ができます。
借入額が約4200万円です。

これから住宅ローンを借りる人は、住宅ローンの審査には返済負担率と言うものが
あり年収に対して負担割りが決まっていると言う事を覚えておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。