おはようございます。
3連休最終日お休みをとった松崎です。
今週は、スケジュールに余裕があります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな相談を受けました。

地方に土地を持っているお客さん。
その地方の不動産会社さんから連絡があり土地を売ってほしいと言われたそうです。

その額は相場より高め。

特に必要も無いので売ってしまおうと思っています。
と相談されました。

でも話を聞いているとおかしな事だらけ。

売主なのに手付金が必要だから早く払ってほしい。
そうしないと高値で購入するお客さんが他に行ってします。

と言ってきたそうです。

全くおかしな話です。

手付金は売主では無く買主が契約時に支払うものです。
しかも要求された手付金の額は売買価格の約半分。

完全に詐欺です。

こんな嘘みたいな話あるんですね。
断ったらその後連絡は無いそうです。

本来、手付金は買主が支払うもので有りその額には決まりがあります。
1000万円を超える手付金や売買代金の10%を超える(未完成物件は5%)場合は
手付金の保全措置が必要です。

その為、一般的には保全措置が必要ない範囲で手付金を支払います。
それも買主がね。

売主が手付金を支払う事はありません。

土地を売ってくれとかうまい話が来たときには気をつけましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

→→【メルマガ登録はこちら】←←
→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

嘘

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。