おはようございます。
昨日は、ゴルフに飲み会に満喫してきた松崎です。
今日は、頑張って仕事です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

今日はフラット35からフラット35への借り換え事例です。

先月、借り換えのお申し込みをもらったお客様の審査がようやく通りました。
このお客さんは、約2年前にフラット35で約6300万円を借り入れをしました。

金利は10年間が1.49%で11年目以降は1.79%という金利でした。

2年前なのでつい最近ですが現在のフラット35の金利が大分下がっている
影響でかなりの利息が軽減できました。

およそ600万円利息を減らす事ができました。

車2台分は金融機関に払わなくてすむという事です。

金融機関に600万円払うのと自分たちのために600万円を使うのと
どっちがいいですか?

民間の金融機関の場合は、同じ金融機関で借り換える事ができません。

A銀行で住宅ローン借りてA銀行で住宅ローンを借り換えるという事は
できません。

フラット35からフラット35への借り換えは、フラット35だからできる事です。

2年以上前にフラット35で借り入れした人も支払いを減らすチャンスですよ!

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。