おはようございます。
昨日は、飲み過ぎてしまった松崎です。
今日は、朝から金消契約に立ち会ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、家族構成に合わない間取りは金融機関から質問攻めにあう。
というお話をしました。

このお客さんの話をした時に高収入なのに自己資金が100万円しかない。
というデメリットがあったという事を少しだけ触れましたが今回はこの事をお話ししたいと
思います。

今まで年収の高い人の住宅ローンは何人もお手伝いさせていただきました。
過去一番年収が高かった人は5000万円です。

この人は自己資金4000万円だったので住宅ローンの審査も問題なく楽々でした。

しかし、収入が高いのに自己資金がない・・・
100万円しかない・・・

という人は、金融機関の印象が良くありません。

先日お話しした方も年収が2400万円ありましたが自己資金が100万円でした。
結局は、住宅ローンを貸してもキャッシュフローが回らないと判断され住宅ローンを借りる
事が出来ませんでした。

14000万円の建物を建てるのに自己資金100万円・・・
せめて1割くらいは欲しいところです。

年収700万円の人が自己資金がなくフルローンで借りたいという事はあるのですが
さすがに収入2000万円オーバーの人が自己資金がないとなると金融機関も
「何にお金を使ってるんだ!?」

と思います。
浪費家と思われてしまうんですね。

自己資金はあるけど使いたくないという人とは違います。

収入の高い人は
蓄財状況を厳しく見られることもあります。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

価格交渉

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。