おはようございます。
夏でもノーネクタイではない松崎です。
ノーネクタイだと気が締まらない感じがします・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

最近、フラット35のご相談が多くなっていますがフラット35は基本的に
物件価格の9割までの融資になります。

4000万円の物件であれば3600万円がフラット35で貸してくれる
上限になるといことです。

10割融資を受ける事も可能ですが金利が高くなったり審査のハードル(スコアリング)が
上がったりします。

それでも10割融資を受けたい・・・
そんな時は、9割をフラット35で融資を受けて残りの1割を他の金融機関から借りるという
方法を一般的にとっています。

これで物件価格の10割を借りることができます。

ここでこの1割融資で気をつけたい事があります。
この1割融資をしてくれる金融機関は1割融資以外にも諸費用部分も貸してくれます。

例えば
物件価格が3000万円でフラット35で2700万円と残りの1割の300万円と
諸費用部分の200万円も一緒に1割融資をしてくれる金融機関で借りる事ができます。

まさに頭金0円、自己資金0円ですね。

実は、フラット35の審査の過程で1割融資だけを受けるのと1割融資+諸費用まで借りるのとでは
フラット35(住宅金融支援機構)の印象が違います。

諸費用まで借りるとイメージが良くないと言う事です。
1割融資だけの人に比べれば、という事です。

それ以外にもたまにいるのですが
1割部分は自己資金で払って諸費用部分は借りる。

これも印象が良くありません。
自己資金があるであれば諸費用部分に当てて1割部分を融資を受ける方が良いのです。

これからフラット35で融資を検討している人は上記の事を覚えておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。