おはようございます。
今日から現実の世界復帰の松崎です。
パラオを夢の国でした。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

最近、やっていた案件で否決をもらいました。
机上の計算でも信用情報でも全く問題なかったのですが・・・

否決理由は”支払いに懸念がある”という理由でした。

いわゆる総合的判断というやつです。

このお客さんは、この金融機関でしか希望金額を借りれなさそうなので
再度チャレンジする必要があります。

その場合、前回と審査した時と同じ内容では意味がありません。
また、否決にされるだけです。

機関を多少空けても同じです。
前回審査時とは内容が良くなければなりません。

内容が良くというのは
・年収が増えた
・自己資金が増えた
・借入額が減った
・他の借り入れがなくなった

などの審査に関わる項目でプラス要素が増える若しくはマイナス要素が減る
というのが必要になります。

前回と状況も変わらずただ期間を空けただけだと同じ金融機関に審査を出しても
前回と同じ結果になる可能性が高くなります。

前回とは違う!
というのを金融機関にアピールできるようにしましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。