お世話になります。
車を運転すると眠くなる松崎です。
運送業は絶対に向きません・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、勤続1ヶ月の方の住宅ローン相談を受けました。
さすがに勤続1ヶ月だと住宅ローンは厳しいです・・・

唯一、フラット35は1ヶ月分の給与明細がもらえれば割り戻し計算で
予測年収を計算してその年収をベースに住宅ローンの審査ができます。

例えば1ヶ月目の給与が20万円で2ヶ月目が30万円だったとすると
2ヶ月の合計は50万円です。

これを2ヶ月平均を出すと1ヶ月25万円です。
25万円 X 12ヶ月 = 300万円

この300万円で審査をしてくれます。

これを割り戻しと言います。

この割り戻し計算はフラット35以外の民間の金融機関でもしてくれるが
さすがに勤続年数は最低でも半年は必要です。

それも、試用期間を除いた半年になります。

勤続7ヶ月で試用期間が3ヶ月あったら勤続期間は4ヶ月とみなされます。

意外にこの試用期間の事を知らない営業マンもいる。
さらに勤続年数が短い時は提出書類として雇用契約も必要なる事も多い。
雇用契約書は、雇用形態や試用期間を確認するために金融機関から要求されます。

また、どんな勤務先でも勤続半年以上とは限らない。
勤務先が中傷零細企業などの場合は、勤続半年では断られる事もある。

自身の状況でも審査の土台に乗せてくれる金融機関探しが決め手になります。

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。