おはようございます。
長い連休が終わり一安心の松崎です。
連休はアポが多いので疲弊します・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな相談を受けました。
『現在の金利が高くて支払いが厳しいので借り換えをしたい』

現在の金利は3.5%で毎月15万円ほど支払っていました。
これが借り換えができれば毎月支払いは5.5万円下がる予定でした。

しかし、支払いが厳しいとのこともあり、ちょくちょく支払いを遅延をしていました。

借り換えの時は、新規で住宅ローン借りる時は違う書類の提出を要求されます。
それは、支払い口座の通帳の写し1年分です。
金融機関によって半年のところもありますが、だいたい1年分になります。

その1年以内に1日でも支払いを遅延していると借り換えの審査自体を受け付けて
くれません。

その為、このお客さんは借り換えができずじまい・・・
しかし、支払いは厳しいので売却する事になりました。

支払いが厳しいから借り換えをしいたい。
こういったご相談者は多いのですが支払いを遅延して手遅れになっている事が
ほとんどです。

借り換えは半年から1年以内に住宅ローンの支払いが1日でも遅れてしまうと
できなくなってしまいます。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。