おはようございます。
朝マックを食べながらブログを書いている松崎です。
マックを食べるのは2年ぶり?くらいです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、頭金をどのくらい入れたらいいのか?
というご相談を受けました。

このお客さんが購入しようとしている土地建物は全部で3500万円。
そのうち2500万円を頭金として入れようとしていました。

この手のお客さんに多いのは『借金は嫌い』、『借金はダメ、怖い』という認識を
持っている事が多いです。

親からそう教えられている事も多いです。

ケースバケースですが、私は頭金をあまり使わせないタイプです。
なので今回のアドバイスは頭金500万円です。

この方の預金額は2800万円。
それを2500万円使ってしまうと手元に残るのは300万円です
お子さんはこれから高校と大学です。

ちょっと心もとないです。

住宅ローンには団信(団体信用生命保険)が付保されています。
申込者に万が一の事があれば住宅ローンは無くなります。

頭金2500万円入れて預金額が300万円になり申込者に何かあれば住宅ローンは
無くなりますが、預金額も300万円です。

逆に頭金500万円入れて預金額が2300万円になり申込者に何かあれば住宅ローンは
無くなり預金2300万円は残ります。

残された家族に300万円残るのか、2300万円残るのか・・・

これは、大きな違いですよね。

仮に3000万円のローンを組んだ時にこの方の場合35年間の利息は350万円
ほどでした。

昔と違いものすごく金利が低いため35年間でこの様な利息額になります。

一昔前は金利4%なんていうのは当たり前でしたからね。
そういう時代であれば利息が1500万円!
なんていう事にもなったかと思いますが今は違います。

頭金をたくさん入れる入れない。
これは、簡単に決めず一度専門家に相談するのも良いと思いますよ。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。