おはようございます。
今日は、明日のセミナー資料作りに没頭する松崎です。
とりあえず後15ページ分は作ろうと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

さて明日は【増税前VS増税後を徹底比較】〜本当に損をしないのはどっち??〜
のセミナーです。

果たして本当に損をしないのはどっちなんでしょう・・・

結果はセミナーでお話ししますが購入を遅らせることによって増税以外に
発生する事があります。

仮に購入を2年遅らせたとします。
発生する損金は、まずその間の家賃です。

9万円の家賃を払っていれば2年間で216万円です。

結構な額ですね(^^;
他にも建物の増税分だけでなく、かかる増税としてお引越し後の家具家電です。
これも意外に費用がかかる!

注文住宅の場合、引越し後1年以内にかけた家具家電の購入金額の
平均は約175万円です。
これでも数万円違います。

他にも購入を遅らせることによって病気のリスクも出てきます。
2年間の間に病気などになってしまえば団信に加入できず
そもそも住宅ローンが借りられない。

2年間頭金も貯めてきたのに病気のせいで住宅ローンが借りられない!
と言う可能性もあります。

やっぱり増税前!
しかし、今購入しても払っていけないのであれば買う必要はない。
せっかく購入したのに手放すのでは意味がない。

今は、払えないけど2年後だったら払っていける!
であれば増税後でも購入は問題ない。

大切なのは払っていけるか!?
という事です。

増税前に無理をして購入して払えずに売却するのであれば本末転倒です。

しっかりいつ購入するのが良いのか考えてみましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

考える人

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。