おはようございます。
引越し検討中の松崎です。
ビルトインのガレージがある物件に引っ越したいです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

最近よく相談されるのが住宅ローンのセカンドオピニオンです。
「この住宅ローンでだ丈夫ですか?」
「もっと金利の低いところありますか?」

という相談です。
マイホームは一生に一度の買い物ですからね。
住宅ローンでも失敗したくないという気持ちはあると思います。

その中でも立て続けにあったのがフラット35の相談です。
「この金利が一番低いですか?」
という相談を何件か受けました。

そのうちの2件金利以外で気になる事がありました。

この問題は、以前にも話しました。

この2件というのが親子リレーによる借り入れでした。
そして、親と子の持ち分割合が問題でした。
親が1の子が9と親が1の子が99でした。

この2件は機構団信です。
何が気になるかというと・・・

親がなくなれば子供の分の債務(住宅ローン)も無くなるという事です。

上記の持ち分割合の場合、5000万円の借り入れであれば親が500万円や50万円です。
子供が4500万円や4950万円になりますよね。

子の持ち分が9や99なので。

子供の分の債務が親の死亡や高度障害による団信の生命保険でなくなれば
子供は4500万円や4950万円を親の保険金をもらって返済した事に
なります。

親の保険金・・・これは一時所得扱いになります。
という事は、債務がなくなった年の収入が会社の給与と保険金で5000万円を
超える可能性があります。

年収が5000万円を超えるという事です。

そうなれば、所得税も増えますし翌年の住民税も増えます。
年種が5000万円になれば最高税率ですからね(^^;

こうならない為には持ち分割合を親の持ち分割合を多くしなければ
なりませんがそれ以外の問題も多々でてきます。

親の持ち分の相続の問題なども出てきます。

親子リレーって以外に感がなければいけない事が多いんですよね。

親子リレーで住宅ローンを組む時には持ち分割合などしっかり考える必要が
あります。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

家とお金

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。