おはようございます。
今日は、久しぶりのお休みの松崎です。
ゴルフに行ってきます。
しかし、夕方からアポが入っています・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、相談を受けた案件でこんな事がありました。

希望借入額から考えると申し込み人の属性はかなりギリギリ・・・
年収も年齢も勤務先も他の借り入れも・・・

そんな時にプラス材料として預貯金額などを尋ねる事もあります。
確認してみると『1000万円あります!』と言われました。

これはプラス材料です。
申込書にも預貯金◯◯銀行で1000万円と記入しました。

そして事前審査も通り本審査をする際の必要書類として預貯金のエビデンス(証拠)が
条件に入ってきました。
通帳のコピーを出せという事です。

通帳のコピーをしてもらい内容を確認したら固まりました・・・
1000万円は自分で貯めたものではなく株式会社◯◯というところから
振り込まれていました。

『これは??』
と尋ねると『兄の会社から借りました!』と言われました。

自分で堅実に貯めたのではなく、借用でした。
これでは話が違います。

他の借り入れになります。

この結果を受けこの銀行では、本申し込みが出来なくなってしまいました。

預貯金というのはご自身で貯めたお金になります。
他人から借りたお金は預貯金ではありません。

他にも一時的に親などからお金を振り込んでもらい預貯金額を増やす人もいます。
これはただの見せ金です。

通用しましせん。

預貯金の額というのは他人から借りたお金ではありません。
ましてや一時的なお金(見せ金)でもありません。

気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

価格交渉

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。