おはようございます。
家で晩酌はほとんどしない松崎です。
お酒を飲むのは外だけです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、新規の住宅ローンの相談を受けお申し込みをもらったのですが
ちょっとした理由が必要でした。

それは、申込者がご主人ではなく奥様が申込者だからです。
まれにあるケースですが、一般的にはご主人が申込者になる事が普通ですから
奥様が主の申込者になる事はあまりありません。

その為、申し込みを受けた金融機関も『なぜ??』となります。
その理由が必要でした。

ここで『主人が働いていないから・・・』という理由であれば審査も厳しくなります。
奥様が妊娠して働けなくなったら収入がなくなるわけですからね。

金融機関としては困ります。
ネガティブな理由ほど審査は厳しくなります。

今回のお客さんは会社経営者で運転資金などの借入を会社で行う際に
なるべく自分の負債は少なくしておきたい!

という理由でした。

この理由を素直に話特に問題なく承認がもらえました。
まぁ会社経営者の方の場合、理由はこれだけではないのですがブログでは控えておきます。

上記の様にご主人ではなく奥様が申し込み人になる時はネガティブでないしっかりした
理由が必要になる事を覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

悩む

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。