おはようございます。
週一は休むと決めている松崎です。
休みは大切ですよ。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

団信といえば皆さんもご存知だと思います。
私のブログでも度々出てきますからね。

団信とは団体信用生命保険の略です。
申込者が死亡または高度障害になった時に住宅ローンの残債を保険金で支払い
完済させる住宅ローン特有の生命保険です。

団信の保険料は、住宅ローンを貸す金融機関が払いますので申込者が
保険料を払う必要はありません。

また、団信に加入することが住宅ローンの貸し出し条件になりますので
健康状態が悪く団信に加入できなければ住宅ローンが借りられないと言う事です。

これが一般的です。

しかし、フラット35は違います。

フラット35の団信は任意加入です。
加入してもしなくても構わないのです。
もちろん住宅ローンも貸してくれます。

ですが、加入する際は別途団信料がかかります。

民間金融機関の場合は、団信料は金融機関払いですがフラット35の場合は
任意加入になり団信料は別途費用がかかります。

いくらかというと1000万円あたり35,800円です。
これが毎年かかります。

例えば3000万円を借りた場合、初年度の団信料は
35,800円 X 3 = 107,400円です。

翌年の住宅ローンの残債額が2900万円であれば
35,800円 X 2.9 = 103,820円です。

住宅ローンの残債の額に応じて団信料が変わってきます。
これを借入年数分払います。
35年間で200万円の支払い・・・
なんて事も普通にあります。

フラット35の団信は任意加入で別途団信料がかかる!
という事を覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

お医者さん

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。