おはようございます。
今日は、朝から生命保険会社さんでプレゼンの松崎です。
営業マンの皆さんのお役に立てるように頑張ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

変動金利のリスクって何でしょう?

金利が上がる事ですよね。
金利が上がる事によって起こるのは、支払額の増額や未払い利息です。

今日は、未払い利息のお話しをしたいと思います。

まず、未払い利息のお話しをする前に変動金利の一般的なルールを
知っていますか?

125%ルールと5年間は支払額が変わらないという事です。
そして、変動金利の金利は、半年に1回見直しになります。

これが変動金利の一般的なルールです。

簡単にお話しすると
毎月10万円だッた支払は、半年に1回ある金利の見直しによって
元金と利息の内訳が変わる。

もともと支払額10万円の元金と利息の内訳が
元金8万円の利息2万円で合計10万円だったのが、金利が上がる事によって
元金6万円の利息4万円の合計10万円に変わる。

上のルールにある様に金利が上がっても5年間は支払額が上がらない。
なので金利が上がったとしても支払額は5年間10万円のままだ。

5年経った時にはじめて支払額が上がる。
ただ、10万円だった支払が20万円に上がっても払えない。

そこで125%ルールが適用される。

支払額の上がり幅は125%が上限になります。

なので支払額が10万円だったら12.5万円が上限になります。

これが変動金利の一般的なルールです。

まずは、このルールを覚えていただき未払い利息のお話しをしたいと思います。

ちょっと長くなるので未払い利息の話は明日したいと思います。

ではでは!

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

受付

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。