おはようございます。
今日は、法事のためお仕事はお休みの松崎です。
前橋まで出かけて来ます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、金融機関からこんな嫌がらせを受けたお客さんがいました。
その方は、一戸建てを購入した際に金融機関Aというところから約3.5%という金利で
住宅ローンを借りていました。

しかし、3.5%というのは今の時代かなり高金利です。
そのため、他の金融機関で借り換えを行いました。

そして数年後に家が手狭になったため買い替えをする事になりました。

元々、個人事業主だった為住宅ローンの審査は厳しく当初住宅ローンを借りた
金融機関Aに再度申し込みをしました。

その時の金融機関Aと私のやり取りがこれです。

金融機関A「〇〇さんは以前うちで住宅ローンを借りて借り換えをしていますね。
その場合だと今回は、審査の受付はできませんねぇ〜」

私「は??、それってどういうことですか?」

金融機関A「だって貸してもまた借り換えますよね??」

私「借り換えるなって約定にでも書いてあるんですか?嫌だったら金利下げれば?」

の様なやりとりで終わりました。

この競争の激しい時代に借り換えられるくらいなら貸さないらしいです。
逆に借り換える様なお客さんは拾わなくてもやっていけるという事ですね。

まぁ、この金融機関は会社経営者や個人事業主の中でも他で融資を断られた人たちを
ターゲットにしていますから少しばかり金利が高くないとリスクが高いですからね。

ただ、電話口の担当者の横柄な対応には腹が立ちました。

このお客さんは、奇跡的に他の金融機関でローンを通す事ができました。

しかし、今の時代、過去に借り換えたから今度は貸さない!
なんていう金融機関あるんですね。

私も勉強になりました(^^)

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。