おはようございます。
昨日もスケジュールがタイトでヘトヘトな松崎です。
1日に3アポあると結構体力使います・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

いよいよ多くなってきました。
いくらで確定申告したら◯◯◯◯万円借りれるか!?

という質問です。

この質問は、住宅購入前の最低2年前に質問していただきたいです。

ただ、この質問を受けても数字操作のアドバイスはしません。
基本的には、その人の確定申告書を見ながら◯◯◯万円売り上げを上げるか経費を
◯◯万円削減してください!

というアドバイがメインです。

個人事業主の方の場合、節税対策と称して所得金額を限りなく0円に近づけている
人も見かけられます。

去年の売り上げが800万円で経費が600万円で手残りが200万円の方が
今回の確定申告で売り上げ去年と同じ800万円で経費が100万円で
手残りが700万円になったらおかしいですよね?

売り上げが変わらないのに手残りが増える??
経費が600万円掛かっていたのに急に100万円??

明らかに融資額を伸ばすための数字操作です。

売り上げが1200万円に伸びで手残りも500万円に伸びた!
という事なら分かります。

売り上げも上がっていないのに手残りが多く残るというのは、それ相応の理油が必要です。

金融機関の担当者もそのくらい見れば分かります。
付け焼き刃の対応では、融資を引っ張る事は出来ません。

しっかり2〜3年前から売り上げや経費の見直しなどを行い手残り金額が
増やせるような経営状況にシフトしていく事が大切です。

確定申告上の数字合わせでは住宅ローンは借りられない!

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

change

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。