おはようございます。
毎朝、4時30分に起きている松崎です。
休日も風邪を引いている時も二日酔いの時も365日4時30分起きです

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

都市銀行でこんな団体信用生命保険(以下、団信)がある。
夫婦連帯債務で住宅ローンを借りた場合、どちらか一方が死亡または高度障害に
なった場合、2人とも住宅ローンがなくなります。

一般的な団信は、夫が死亡すれば夫の分の債務(住宅ローン)がなくなり
妻の分は残ります。

しかし、これが2人分なくなるという商品です。

2人で1500万円ずつローンを組んでいた場合、夫が死亡すれば夫の分の1500万円だけ
なくなるというのが一般的ですが妻の分の1500万円も同時になくなります。

妻の分の1500万円も一緒になくなるのでこれはお得!!

と思うかもしれませんが、注意が必要です。

本来住宅ローンがなくなるはずのない妻の分の1500万円の住宅ローンが
なくなるという事は、妻が1500万円の一時所得を受けた事になります。

という事は税金がかかります。

住宅ローンの残債がなくなってラッキー!
と思うかもしれませんが税金がかかるんです。

先日、金融機関でこの団信のメリットをこんこんと話した銀行員がいましたが
肝心の税金面での事は、「税務署に聞いてください。」
とその一言で終わり。

なんともいい加減です。

上記のような団信に加入する時は、一時所得となる事を覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

やったー

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。