おはようございます。
昨日は、久しぶりに日本食を食べた松崎です。
なんだか落ち着きます・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな質問を受けました。

親の土地に息子が「建物を建築するんだけど、土地は購入しないから
住宅ローンは組めないですよね??」

と質問を受けました。

住宅ローンは、土地と建物一体の商品と思っていたようですが、住宅ローンは
土地を購入しなくても建物の建築費用だけを組むことができます。

なので親の土地に建物だけを建築する際でも住宅ローンは組むことができます。

この場合、土地を提供する親は物上保証人という扱いになります。

土地を提供するのですから保証人になります。

保証人なることを拒まれてしまうと住宅ローンは借りれません。

また、ちょっとうるさい金融機関に住宅ローンを申し込んだ場合、親から提供を受けた土地の
契約書を求められることがあります。

賃貸なのか無償で貸すのか・・・

とはいえ、親の土地に建物を建築する場合、特に問題なく住宅ローンを組むことはできますので
覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

家を持つ

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。