おはようございます。
今日は、福岡からブログを書いている松崎です。
初上陸です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

経営者や個人事業主に強い住宅ローンといえばフラット35があります。
民間の金融機関(銀行や信金など)から比べれば住宅ローンは借りやすい。

フラット35は住宅金融支援機構の住宅ローンになります。
その為、申し込みは各金融機関で行います。

簡単にいうと銀行や信金、ノンバンクなどが受付の窓口になっています。
なのでフラット35の申し込みする場合、どこかの銀行に申し込みをします。

この時に大切なのは、提出する窓口の金融機関の審査基準を知っておく必要があります。

なぜかというとフラット35の場合、審査を2箇所で行います。
まずは、申し込みをした窓口の金融機関で審査をします。

ここの審査をパスすると次に住宅金融支援機構で審査を行いここで承認が得られれば
融資に進む事ができます。

という事は、提出した窓口の金融機関で落ちてしまえば審査は住宅金融支援機構まで
回りません。

そして、提出する窓口ごとに審査基準が違います。

以前、ご相談を受けたお客さんでA銀行に申し込んだら審査に落ちてしまった・・・
という人がいました。

提出したA銀行は、フラット35の中でも審査が厳しい銀行です。
状況を金融機関に確認してもらったら、審査は住宅金融支援機構まで行っておらず
提出した窓口で審査に落ちていました。

その為、他の金融機関のB銀行に提出したら何の問題もなくサクッと審査の承認がもらえました。

この様に、同じフラット35でも提出する金融機関の審査基準によって借りれるか借りれないかが
分かれます。

もし、フラット35の審査に落ちたという方は、窓口の審査で落ちたのか住宅金融支援機構で
落ちたのかを確認して窓口で審査に落ちたのであればまだチャンスがあるかもしれません。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。
→→【メルマガ登録はこちら】←←

ベルトコンベア

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。