おはようございます。
ハーゲンダッツの華餅が食べたい松崎です。
早く買って食べたいです・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、中古マンションを契約した人から住宅ローンについて相談を受けました。
すでに都市銀で住宅ローンの内諾をもらえている状態で他にもっといい条件の金融機関は
ないか?
という相談でした。

この時に気がついたのですが、そもそも年収が410万円で住宅ローンの返済負担率は39.9%・・・
という事は、年収410万円のうち163万円が住宅ローンの支払い。

年収の410万円は額面ですからね。
税込みの年収です。

実際の手取りは300万円前半くらいしかありませんでした。
という事は、住宅ローンの支払いは実際にもらっている手取り金額の半分。

金融機関によっては税込み年収の40%まで住宅ローンの返済として貸してくれます。

しかし、覚えておいてもらいたいのは税込み年収です。
実際の手取りは、もっと少なくなるため実際の返済負担率は、40%を超えます。

これを理解していないと後々支払いで大変な事になり生活もかなり切り詰める事にもなり
場合によっては支払いが困難な状態にもなります。

住宅ローンの借り入れ額はしっかりと計画し”借りれる額ではなく払える額”で借り入れを
しましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。
→→【メルマガ登録はこちら】←←

住宅購入

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。