おはようございます。
やる事いっぱい松崎です。
このまま行くと年末休みが奪われます・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

不動産を購入時に持ち分をどうするか・・・
という質問を受けるときがあります。

夫婦で共有にして持ち分を2分の1ずつにする方もいます。
しかし、共有にするためには相手方も債務を負うか自己資金を投入してその自己資金分の
持ち分をもらうかです。

単純に債務も自己資金もいればいで4000万円した不動産の持ち分を半分もらうと
2000万円の資産をもらった事になります。

これは贈与に当たりますので税率は50%です。
2000万円の50%・・・税金は1000万円ですね。

控除分なども入れると1000万円を切りますがそんなに変わりません。
税務上の問題や債権者の意向もあるので簡単に持ち分を上記のように分ける事は出来ません。

しかし、そんな事は関係なく持ち分を持つ事に何の縛りもない金融機関があります。

それは、フラット35です。
フラット35は、ご主人が全額ローンを組むにも関わらず債務者でも自己資金を入れてもいない
奥さんや親、兄弟などに持ち分を持たせる事が出来ます。

税金の事なんておかまいなしです。
自己責任で・・・・

という事ですね。

共有名義にするという事は、メリット、デメリットありますが税金の事もあるので
おいそれと渡せるものでもないという事を覚えておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。
→→【メルマガ登録はこちら】←←

家を持つ

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。